労働法制の大改悪を許さない!国会前に怒りの声。

 6月12日(金)12時から参院議員会館前で『派遣法大改悪、労働時間規制改悪阻止、、国会前行動』が行われ、南部地協より、ISB支部・日本IBM支部・関東三菱自動車支部の組合員が参加し、「強行採決は行うな」「政府は労働者の声を聞け」「徹底審議を行え」と怒りの声を上げてきました。

 労働者派遣法の改悪案をめぐって、本日の衆議院厚生労働委員会で、自民・公明の与党が、維新の党を巻き込んで採決を強行するので、との報道があり、それを許さないと、国会前は労働組合や民主団体の抗議の声が渦巻いていました。