南部地協定期総会を開催。第2次中・長期戦略目標の推進を確認。

9月12日(土)、大田区の池上会館において、南部地協定期総会・第2次秋季闘争討論集会を開催しました。

争議団の訴えを含めて、活発な討論が行われ、「地協・支部・分会の日常活動の強化」と「地域支部の未組織の組織化を地協全体で支援する」、この2つを柱とする第2次中・長期戦略目標の推進を確認しました。

<南部地協の第2次中・長期戦略目標>

Ⅰ.組織建設に真正面から取り組む

 ①地協・支部・分会の日常活動の強化

 ②地域支部の未組織の組織化を地協全体で支援する

 ③組織建設を中心課題とする個別の対策会議

 ④中立・連合労組オルグの新しい展開

 ⑤全労連共済の拡大

Ⅱ.春闘再生

 ①東京南部のすべてのローカルセンターと南部地協の一日共同行動

 ②早めの春闘準備(春闘準備の戦略的位置づけ)

Ⅲ.労使関係を前進させる

 ①そもそも労使関係は力関係:組織建設なしには前進しない

 ②団交の進め方を改善する(獲得目標の設定とシナリオづくり、成果の評価)

 ③産別団交を通じて、支部・分会が産別組織として成長することを促す

Ⅳ.地協の働き手づくり

 ①対策会議、産別団交に参加することで働き手を育成する

 ②出前学習会の実施

Ⅴ.二方面のたたかい

 ①「戦争法案」を廃案にしよう!

 ②労働法制改悪を阻止しよう! 働くルールを確立しよう!

 ③その他、様々な要求を実現しよう!